トップページ   >  取り扱い終了  >  [取り扱い終了]ハードディスク(HDD)  >   WSH5610DN48S6(取り扱い終了)

WSH5610DN48S6(取り扱い終了)

販売価格(税込): 861,840 円

在庫切れの為、
現在ご購入頂けません。

型番:WSH5610DN48S6(取り扱い終了)
商品コード:4981254045541

WSH5610DN48S6

ハードウェアRAID搭載 Windows Storage Server 2016 Standard Edition搭載 6ベイモデル


  • メーカー直営
  • オプション品取扱い

本製品の位置付け

・・WSS2016 Workgroup Edition搭載・安心の3年保証。・長期稼働向けNAS専用設計ドライブ搭載
大規模ネットワーク向けファイルサーバー 100ユーザー超でも大丈夫 最大接続ユーザー数無制限! ヘビーなアクセスに負けない負けない充実のハードウェア構成 メインCPU:Intel Celeron J1900(クアッドコア) メモリー:高速DDR3/大容量8GB RAID専用CPUを搭載したハードウェアRAID OS専用SSDを搭載&HDDはデータ格納に特化 Windows Storage Server 2016 Standard Edition搭載6ベイモデル WSH5610DNS6シリーズ

「多くのユーザー」×「大きなデータ」従来NASでは不足の高負荷環境に

進化が著しいNAS業界に、更なるパフォーマンス向上を実現した新星が登場しました。
WSH5610DNS6シリーズのアプローチは至ってシンプル。
ある意味“力技”とも言える「ハードウェアの高性能化」によって、増大するアクセス負荷に対抗します。

定番のCPU強化/メモリー強化による処理能力の底上げはもちろん、産業用/放送業界向けストレージで培われた負荷分散手法である「ハードウェアRAID(国内設計ボード採用)」「OS専用SSD搭載」まで盛り込まれています。

強力なNAS向けOS「Windows Storage Server 2016」を盛り立てるパワフルなハードウェアで、快適な業務遂行を目指せます。

高性能化で解決

知名度と信頼性が抜群!新しいマイクロソフト製NAS用OS Windows Storage Server 2016を搭載

さらなる機能向上を果たした Windows系ストレージ 〜新OSが魅力のテラステーションWSS 2017年モデル〜 Windows Server バックアップ / DFSレプリケーション機能 /NICチーミング Windows ServerやWindows PCを導入済みの環境におススメです。 オフィスのストレージも高機能型へ、ステップアップ!

NAS向けの新OS「Windows Storage Server 2016(以下、WSS)」は、2017年3月に日本でも登場。
バッファローでは他に先駆けて搭載した新型テラステーションを発表しました。
以前のWSSシリーズで培った長年のノウハウを基に性能・機能にさらに磨きがかかりました。

Windows Storage Server 2016の標準機能として、メイン機のデータをサブ機に自動バックアップする「Windows Server バックアップ」、インターネット経由で別地域に設置した同製品にバックアップを行う「DFSレプリケーション機能」を備えており、万一のトラブルや災害時にもデータを守れます。また、「NICチーミング」にも対応しておりネットワーク環境の負荷を分散、高速通信と冗長化が可能です。
高品質パーツ・設計を採用し、常時使用するオフィスのサーバーとして高い信頼性を備えています。

接続ユーザー数に応じて利用可能なOSのエディションが分かれています。
・【最大接続ユーザー数無制限】 Windows Storage Server 2016 Standard Editinon搭載
・【最大接続ユーザー数50人】Windows Storage Server 2016 Workgroup Edition搭載

本製品WSH5610DNS6シリーズはStandard Editinonを搭載した大規模ネットワーク向けの製品です。

テラステーションとは

テラステーション(TeraStation)は、ビジネスの現場向けに設計されたNASシリーズです。
ホームユースNASのリンクステーションと比べ、「事業継続性」への配慮で格段に勝っています。

○高信頼
高品質パーツ・設計を採用し、常時使用するオフィスのサーバーとして高い信頼性を備えています。

○データ生残性
障害発生時にデータを失わないよう生残性を高める仕様となっています。
自動的にデータを二重化するなどして守る「RAID」をはじめ、多彩なバックアップ機能を備えています。
クラウドストレージサービスとの連携機能も対応しています。

○法人様専用のサポート窓口で安心。
さらに保守パック(有償)でトラブル対応も迅速に。

Windows Storage Serverとは

テラステーションシリーズは大きく分けて2種類あります。
OSがLinuxの頭文字「TS」のシリーズとWindows Storage Serverの頭文字「WS」のシリーズです。
搭載OSが異なることで有する機能や能力にも違いがあり、特にWindows Storage ServerはMicro Soft製のWindows系OSを搭載した機器との親和性に優れています。上位のWindows Serverと強力に連携し主にストレージ機能を補完するといった用途で威力を発揮します。
Windows Storage Serverは、ファイルサーバーとして機能するNASに特化した機能を持つWindows OSです。
接続ユーザーの規模別Standard Edition(大規模オフィス向け)とWorkGroup Edition(小〜中規模向け)が存在します。
本製品では2016年9月時点で現行最新となるバージョン「2016 R2」を搭載しています。

また、Windows系OSを扱い慣れたネットワーク管理者様が習熟しやすいことも人気の要因となっています。

ソフトウェア導入も可能

WindowsベースのOSを搭載したテラステーションWSSならではのメリットは市販の対応ソフトウェアのインストールができること。
用途に特化したソフトウェアを利用することで、必要な機能だけを無駄なく付加できます。
ソフトウェアベンダー各社から様々な機能のソフトウェアが登場している中から、いくつかの例をご紹介します。

<多彩なWSS向けソフト群>

■クラウドバックアップソフトウェア
セキュリティー強固なQuiXを既存Windows Serverのバックアップ。

■ストレージ仮想化ソフトウェア
容量拡張、NAS統合、BCP対策、Windows Server 2003データ移行に最適。

■サーバーアクセスログ管理ソフトウェア
専用サーバー不要でアクセスログ管理。

■統合バックアップ/リカバリソフトウェア
一瞬も止めることが許されないビジネスの確実なリカバリーに。

■バックアップソフトウェア
スピーディーなイメージバックアップ。環境以降にも活用できる。

■ウィルス対策ソフトウェア
共有フォルダー経由のウイルス感染をシャットアウト。

イチオシポイント

ズバリ!「他のWindows 系機器との親和性」

テラステーションWSS「WSH5610DNS6シリーズ」は、Windows系機器との親和性が高く様々な機能で協調しやすくなっていますが、認証などの難しい話の他にも、わかりやすい「速さ(パフォーマンス)」が一例として挙げられます。
最新のファイル共有プロトコルであるSMB3.1.1に対応しているため、 Windows 10、Windows Server 2016とのアクセス時に高速転送を実現できるように最適化されており、大容量データを取り扱うのに最適なスペックを備えています。
ネットワーク設計する上でWindows系OSならではの連携・協調を重視する場合には最適なNASとなっています。

お役立ち機能・特長をナナメ読み

  • 国内で開発されたハードウェアRAID標準搭載
  • OS領域用にSSDを搭載
  • 高速なパフォーマンス
  • 長時間稼働に適した「WD Red」を採用
  • 3年保証
  • まだまだあります。おすすめのポイント。
  • メーカー直営
  • オプション品取扱い
購入する・直販価格を見る

もっと詳細を知る
下方の詳細説明へお進みください

CPUへの負荷が分散、安定かつ高速なパフォーマンス
国内で開発されたハードウェアRAID標準搭載

アプリケーションの同時利用でも安定動作で快適に。

メインCPU一つでアプリの処理からRAIDの構成まで全てを担う従来の「ソフトウェアRAID」に対し、本製品は「ハードウェアRAID」を搭載。メインCPUはOSやアプリを、RAID CPUはRAIDをそれぞれが担当する事で、CPUの負荷が少く動作が安定。また、信頼性の高いRAID6も高速で処理できます。

セキュリティソフトとバックアップソフトの同時使用時
CPU使用率比較

CPU負荷は従来製品比の半分以下。アプリ同時使用時でも安定稼働。

【検証環境】

「TrendMicroウイルスバスターXG」「Arcserve Backup」をインストール

【測定環境】

(2017年8月 当社調べ)

<測定機器>

>[バックアップ元NAS] BIOS社 MX404N312 [バックアップ先NAS] 当該機

<測定機器>

WSH5610DNS6、MX404をLAN接続し、ネットワークドライブとして設定後、 TrendMicroウイルスバスターXGをインストールし、Arcserve Backupにて1TB(約19GBの動画ファイル52件)のバックアップを実施

セキュリティソフトとバックアップソフトの同時使用時
パフォーマンス・バックアップ完了時間比較

※1TBのデータを完全バックアップした場合

従来機と比べ約半分の時間でバックアップ完了!

【測定環境】

(2017年8月 当社調べ)

<測定機器>

[バックアップ元NAS] BIOS社 MX404N312 [バックアップ先NAS] 当該機

<測定機器>

WSH5610DNS6、MX404をLAN接続し、ネットワークドライブとして設定後、TrendMicroウイルスバスターXGをインストールし、Arcserve Backupにて1TB(約19GBの動画ファイル52件)のバックアップを実施

目的に応じてソフトウェアを活用
各社ソフトウェアの利用で必要な機能をNASに後付け

Windows OSを搭載したテラステーションWSSならではのメリットは市販の対応ソフトウェアのインストールができること。
例えば、一口にデータ保護と言っても「クラウドへのバックアップ」「ストレージの仮想化」など目的はいろいろ。
用途に特化したソフトウェアを利用することで、必要な機能だけを無駄なく付加できます。

動作確認済ソフトウェア一覧

パフォーマンス比較

※WSH5610DNS6/WS5600DNS6の通常稼働時のアクセスするWrite速度を「100%」とした場合と、リビルド時にアクセスするWrite速度の比較データ

CPUに負荷のかかる環境でもパフォーマンスは安定

【測定環境】

(2017年8月 当社調べ)

<測定機器>

[PC] メーカー:自作(Intel(R) Z87チップセット採用品使用)
CPU:Intel(R)Core(TM)i7 4771 @ 3.50GHz, Memory:32GB、NIC:Intel Gigabit
CT Desktop、OS:Windows Server 2012 R2 64bit
[NAS] WSH5610DNS6、WS5600DNS6 (RAID5で構成したディスクをNTFSでフォーマットし、共有ディレクトリを作成)

<測定方法>

NASとPCが直接LAN接続された状態でNASの共有ディレクトリをPCのネットワークドライブに設定。通常稼働時及び、HDDを1台交換した後のRAID再構築時のシ ーケンシャルライトをベンチマークソフトウェア(CrystalDiskMark5)にて10回計測した値の平均を採用。

Windows Storage Server 2016でRAID6に対応

ハードウェアRAIDのメリット 安心感を存分に。

ハードウェアRAIDだから、信頼性の高いRAID6を安定的に実現。6台の内蔵HDDの内、たとえ2台が故障してもデータの保持が可能です。また、キャッシュを専用で確保しているのでOSがハングアップした際もデータ破損の可能性を最小限に抑えることが可能です。また、RAID6でもRAID5と同等のパフォーマンスを実現。信頼性と高速性を兼ね揃えています。

2台故障でもデータ保持/OSハングアップ時の信頼性が高い

RAID6でも高速なパフォーマンス

従来機と比べ約半分の時間でバックアップ完了!

【測定環境】

(2017年8月 当社調べ)

<測定機器>

[バックアップ元NAS] BIOS社 MX404N312 [バックアップ先NAS] 当該機

<測定機器>

WSH5610DNS6、MX404をLAN接続し、ネットワークドライブとして設定後、TrendMicroウイルスバスターXGをインストールし、Arcserve Backupにて1TB(約19GBの動画ファイル52件)のバックアップを実施

 

HDD交換時も運用継続

HDD故障時に、電源を落とさず交換できるホットスワップに対応。RAID用CPUがRAIDの再構築をします。業務を差し止めることなく通常通りの継続運用が可能です。

ストレスフリーの素早い起動を実現
OS領域用にSSDを搭載

高速アクセス可能なSSDにOSを、だから全て起動が早い。

OS領域をSSDに搭載しているから起動はスピーディ。また、データ領域をHDDに割り当てられるものメリットの一つです。HDD内のOS領域をパーティションで区切る従来のWindows Storage Serverでは、使用できるデータ領域が減ってしまいますが、本製品はHDD容量をデータ領域として全て利用でき、 RAIDモードの切替も従来通り、OSを再インストールすることなく簡単に行うことができます。(2017年8月当社調べ)

 

<測定方法>

電源ONからOSログイン画面表示までの時間を計測

 

Intel Celeron Quad Core CPUを採用
高速なパフォーマンス

ハイスペックモデルで仕事の効率もアップ

CPUにIntel Celeron J1900 クアッドコアプロセッサー、DDR3メモリー 8GBを採用。高速ハイスペックモデルだから、ファイル共有やバックアップなどオフィスでの作業も快適に。従来製品WS5000N6シリーズを遥かに上回る高速なパフォーマンスを実現しました。

NAS向けに設計された専用HDD
長時間稼働に適した「WD Red」を採用

NASシステム用に設計されたWestern Digital製「WD Red」は、 新テクノロジーにより高い信頼性と安定した動作を特長としています。
また、NASの特長である長時間稼働に適したハードディスクです。これにより故障のリスクが低減し寿命が改善したことにより、ハードディスクの3年保証が実現しました。

特徴について

万が一の時にも安心
3年保証

※筐体及びハードディスク含む

本体も搭載HDDも安心。

本製品は3年の保障付き。購入から3年以内に故障した場合、弊社にて無償で修理をさせていただきます。大切なデータを扱うNASを安心してお使いいただけます。

3年保証製品の保証内容については、
こちらをご覧ください。

※本体及びハードディスクともに3年保証に対応。

まだまだあります。おすすめのポイント。

1.バッファロー独自のアプリケーション

システムの確認からエラーの対処まで、運用・死活監視などができる
「BAFFALO Dashboard」などのアプリケーションなどを搭載しました。

2.UPS対応で停電時にも安心

万が一の停電時にも安心のUPS(無停電電源装置)に対応。
また、バッファロー製USB外付けHDD等をバックアップに使用できます。

3.万が一のトラブルも早期復旧サポート

より安心して製品をご利用いただけるよう
各種保守パック(デリバリー/オンサイト)保守に対応しています。
詳しくはこちら

4.Windows Storage Serverがオフィスで活躍

オフィス内の情報共有やサーバーの容量不足を解消、
情報管理やの負担を軽減する機能など、無くてはならない存在に。

  • メーカー直営
  • オプション品取扱い
購入する・直販価格を見る


[無料]当店公式スマホアプリ配信中!


スマホアプリから楽々ショッピング。
ダウンロードはこちらから。

■iPhone用アプリはココをクリック(App Storeへ移動します)

■Android用アプリはココをクリック(Google Playへ移動します)

PCの画面でQRコードを表示する場合は、アプリ特集にて表示いただけます。