トップページ   >  取り扱い終了  >  [取り扱い終了]Wi-Fi(無線LAN)  >   FS-R600DHP(取り扱い終了)

FS-R600DHP(取り扱い終了)

販売価格(税込): 25,704 円

在庫切れの為、
現在ご購入頂けません。

型番:FS-R600DHP(取り扱い終了)
商品コード:4981254041109



FS-R600DHP

ハイパワーGiga 11n/a/g/b対応 フリースポット導入キット


  • メーカー直営
  • FREESPOT公式製品

本製品の位置付け

本製品 FS-R600DHP ●総務省の平成29年度「公衆無線LAN環境整備支援事業」対応仕様。 ●無線LAN提供者の店舗名を認証画面でPRできる。 FS-600DHP ●従来の「FREESPOT」サービス提供に特化した仕様。 ●管理工数をあまりかけずにベーシックな「FREESPOT」運用をしたい方におすすめ。
安心 総務省 平成29年度 「公衆無線LAN環境支援事業」の認証基準(不正利用防止)にかかる要件 準拠 観光客やイベント来場者へWi-Fiサービスを提供したい施設に最適です。 多彩なユーザー認証方式 フリースポット導入キットWi-Fiルーター 「公衆無線LAN環境整備支援事業」の認証要件対応モデル FS-R600DHP 無線でネット FREESPOT ホテル 公共スペース

フリースポット導入キットでできること

  • 集客効果
    Wi-Fiインターネットサービスの設置により、集客効果が期待できます。
    自社Webサイトや情報サイト掲載情報で「Wi-Fi」提供のアピールが可能になります。
  • Wi-FiスポットMAPに掲載
    全国のフリースポットが探せるWebサービス「freespot.com」に、オーナー様のアクセススポットを掲載できます。
  • 簡単・手軽・低価格
    インターネット回線(光/ADSL/CATV)をご用意いただき、フリースポット導入キットをご購入、設定いただくだけでOK。
    既存のインターネット回線を活かすことでコスト抑制も可能です。
  • 利用者様への広告案内
    Wi-Fiサービス接続時にアクセスした機器(スマホやPC)の画面へ、店舗オリジナルのサービス案内等が表示できます。
  • 自動で運用管理
    営業時間をタイマーで設定でき、自動的にON/OFFできます。指定時間外のアクセスを制限します。
  • 不正アクセス行為対策
    お客様の不正利用に備えて簡単な接続記録を自動的に取得できます。
無線でネット FREE SPOT ブロードバンド・オアシス

導入検討中のオーナー様向け紹介資料(PDF)はコチラ

Wi-fi通信範囲の拡張にも対応

1つのインターネット回線契約を複数のWi-Fiアクセスポイント(親機)+有線LANに分配できます。
宿泊施設やイベントホールのような広範囲をWi-Fi化する基点となります。

背面イメージ LANポート ×4搭載 さらにスイッチでの分配も可能。 インターネット回線(WAN) 〈道の駅の例〉 屋外用アクセスポイント スイッチ FREESPOTアクセスポイント 道の駅本棟 別棟 駐車場

イチオシポイント

ズバリ!「フリースポット13,000箇所超の実績」

フリースポットは、Wi-Fiスポットサービスを推進する企業が共同で運営する「フリースポット協議会」が提供するサービスです。
2002年のスタート以来、スポットの設置オーナー様を尊重した自由度の高い運用形態が支持され2017年6月現在では、累計13,000箇所を超えるスポットが登録されています。
スマートフォンやタブレットを持ち込むお客様が増え、外出先でのデータ通信がより一層重視される昨今、フリースポットの注目度はさらに増しています。

お役立ち機能・特長をナナメ読み

  • 施設やエリアの魅力を高めるFREESPOT導入セット。
  • 不特定多数の接続を実現できる認証機能。
  • ゲートウェイ機能でより大規模なFREESPOT環境を実現。
  • FREESPOTを安全に運用するための各種機能。
  • 店舗の集客をサポートする各種機能。
  • メーカー直営
  • FREESPOT公式製品
購入する・直販価格を見る

もっと詳細を知る
下方の詳細説明へお進みください

来訪者に無料Wi-Fi(FREESPOT)環境を提供
施設やエリアの魅力を高めるFREESPOT導入セット

FREESPOTとは

外国人観光客の増加に合わせ、旅行者が滞在場所でインターネットから観光情報を入手したり、SNS投稿できる無料Wi-Fi環境の必要性が高まっています。本製品は、無料Wi-Fi「FREESPOT」を実現するためのセットです。本製品を用いてオーナー様の施設のエリアに「FREESPOT」を導入し、施設の魅力を高めたり、口コミ情報発信により、更なる集客のチャンスを得ることが可能です。モバイル回線がつながりにくくなる災害時など、非常事態時にも活用が期待できます。「FREESPOT」を導入するオーナー様、利用するお客様、どちらにもメリットがある製品です。

http://buffalo.jp/export/sites/buffalo.jp/product/wireless-lan/ap/fs-r600dhp/merit/parts/images/gray/half_332x169/1.jpg

■FREESPOTサービスについて

FREESPOTとは、無線LANでインターネットにアクセスできる環境をお客様に提供し、自由に使っていただけるエリア・サービスです。製品のご購入やサービスの詳細は、FREESPOT公式サイトをご覧ください。

こんな場所にオススメ
●喫茶店、飲食店に
●役所や公民館等の公共スペースに
●ホテル、旅館に
●交通機関の待合室に
●商店街、地下街に
●展示会場に

総務省「防災等に資するWi-Fi環境の整備計画」に利用できる

 総務省は、「防災等に資するWi-Fi環境の整備計画」において、平成31年度までのWi-Fi整備目標数として、約3万箇所(整備済みを含む)を設定しています。地方公共団体への調査結果(平成28年10月)によると、約1.4万箇所が整備済みで、今後、残りの約1.6万箇所について、3か年の整備計画に基づき、Wi-Fi環境の整備を推進するとしています。本整備において、約1.6万箇所のうち3か年で3分の1程度の箇所は「公衆無線LAN環境整備支援事業」等を活用し、国が自治体を支援してWi-Fi環境の整備を後押しするとされています(※1)。

 なお、本整備において、平成29年度「公衆無線LAN環境整備支援事業」では、「認証基準(不正利用防止)にかかる要件」(※2)が定められており、本製品は本要件に対応することが可能です。Wi-Fi環境全般に対する要件には、本製品のゲートウェイ機能を利用して、バッファローの法人ネットワーク製品と組合わせて、対応することが可能です。

※1 資料元:総務省「防災等に資するWi-Fi環境の整備計画」の公表

http://www.soumu.go.jp/main_content/000456095.pdf

 

※2 平時の公衆無線LAN利用がある場合、による認証方式、または、及びの認証方式併用、いずれかを採用すること
SMS連携方式
SNSアカウントを利用した認証方式
利用していることの確認を含めたメール認証方式

↑ ページの先頭へ

悪質な利用者によるトラブルを回避します
不特定多数の接続を実現できる認証機能

メール認証機能でFREESPOTを悪質な利用から守る

http://buffalo.jp/export/sites/buffalo.jp/product/wireless-lan/ap/fs-r600dhp/merit/parts/images/white/full_714x237/2.jpg

FREESPOTを提供する場合、利用者の特定手段を設けたり利用記録を取得しないと、掲示板へのいたずら書込みなど、FREESPOTを悪質な用途に用いられる可能性があります。メール認証機能を利用した場合は、利用者の特定ができ利用記録も保存されるため、こうした悪質なネット利用を予防することができます。

一度の登録認証でどのFREESPOTでも利用可能

■取得した利用記録をサーバーに保存

メール認証機能で取得した利用記録は、協議会所有の認証サーバーで管理されます。協議会で利用記録を管理するため、ネット犯罪が起きた時でも、警察、裁判所、ほか関係省庁からの法令に基づく照会は、FREESPOTコールセンターが対応します。FREESPOT提供者は管理の手間が省けます。

 

※ 警察、裁判所、ほか関係省庁が利用記録を照会される場合は、FREESPOTコールセンターまでお問合せください。

 

※ 参考URL ネット犯罪が発生し、FREESPOTのアクセスログが必要になった場合は?

手軽にFREESPOTを利用できるメール認証機能

アクセス時のメール認証手順

メールアドレスを使って手軽に利用者登録ができ、無線クライアントの特徴を記録する簡易の認証システムを搭載しています。初回アクセス時はクリックで起動する空メールを送信するだけ。サーバーから送られてくるメールに記載されたリンクのクリックで、簡単にログインできます。2回目以降は再度ログインし直す必要がなく、手軽にFREESPOTを利用できます。Wi-Fi接続の中で認証完了し、英語の認証画面も準備されているので、スマー トデバイスしか持たない訪日外国人観光客向けにもFREESPOTの提供が可能です。

 ※認証の有効期限は、最長6ヵ月です。期限後は、再登録することで利用が可能になります。
※迷惑メール防止機能、メールフィルターを設定した携帯電話では「@freespot.com」からのメールを受けられるようにしてください。
※オーナーは利用者のメールアドレスを取得することはできません。
※インターネット上で利用者登録をすることも可能です。登録フォームはこちら

 

利用者登録をすればどのFREESPOTでも利用可能

■一度の利用者登録でどのFREESPOTも利用可能
FREESPOT専用モデルは、協議会所有の共通の認証基盤を利用しているため、利用者は一度利用者登録を行えば、どのFREESPOTでも利用者登録を繰り返す必要なく ご利用いただくことが可能です。
利用者登録の方法は、FREESPOT専用モデルを通じて現地で実施するか、自宅からインターネット経由でFREESPOTのホームページで事前登録するか、の2通りがあります。
※インターネット経由での事前登録は、こちらをご覧ください。

※ FS-G300N, FS-HP-G300N,FS-600DHP,FS-R600DHPで構成されるFREESPOTに限ります。

5ヶ国語に対応したメール認証画面

5ヶ国語に対応したメール認証画面

メール認証画面の表示言語は日本語・英語・中国語繁体・中国語簡体・韓国語。これにより、近年増加する訪日外国人観光客に無料でWi-Fiを利用いただくことが可能になり、フリースポットの導入された施設や店舗がより魅力的なスペースになります。

慣れ親しんだSNSアカウントで利用者登録でき、分かりやすい

ユーザーはメール認証か、 SNSアカウント認証など好みの方式を選択できる

メールアドレスによる利用者登録に加え、親しんだSNSアカウントでも利用者登録が可能です。利用者は認証画面で好きな方式を選択でき、SNSアカウント認証方式の場合は、お使いのSNSアカウントのIDとパスワードを入力するだけで、利用者登録が可能です。登録手段が増え、利便性が高まりますので、無線LANの利用率も上がり、より来訪者の満足度向上に貢献します。

※2017年2月現在、Facebook、Google、Twitter、Yahoo! JAPAN の4つのSNSアカウント認証に対応しています。
※メールアドレスが登録されていないSNSアカウントでは、利用者登録できません。

無料Wi-Fi提供者の店舗名を認証画面でPRできる

無料Wi-Fi提供者の店舗名を認証画面でPRできる

接続端末に表示される認証画面に、設置した店舗名を表示することができます。
ロゴやSSIDに加え、認証画面の名称も変更することで、無料Wi-Fiを他サービスと区別して、独自ブランドで取り扱うことが可能となります。

※日本語画面のみ対応しています

↑ ページの先頭へ

法人向け無縁親機と組み合わせて各種機能に対応
ゲートウェイ機能でより大規模なFREESPOT環境を実現

ゲートウェイ機能でより大規模なFREESPOT環境を実現

法人向け無線LANアクセスポイントやスイッチと組合せて、より大規模なフリースポット環境が実現可能です。複数の法人向け無線LANアクセスポイントと組合せて、メール認証やポップアップを実現できる「ゲートウェイ機能」に対応。ゲートウェイ機能利用時のFS-R600DHPの配下で同時接続端末台数最大200台(特許出願済)に対応しています。

 ※  推奨無線LANアクセスポイント:こちら以外の型番は動作保証外です。
※  同時接続端末にメール認証/ポップアップ動作未完了の端末が含まれる場合、性能が低下する可能性があります。
※  有害サイトフィルタ使用時は最大20台
※  最大セッション数 30,000

http://buffalo.jp/export/sites/buffalo.jp/product/wireless-lan/ap/fs-r600dhp/merit/parts/images/img_scene_tittle.png

http://buffalo.jp/export/sites/buffalo.jp/product/wireless-lan/ap/fs-r600dhp/merit/parts/images/scene01_main_img.jpg

■大型店舗
休憩スペース/飲食スペースにフリースポット導入。快適な雰囲気を作り、人の呼び込みに活用。

http://buffalo.jp/export/sites/buffalo.jp/product/wireless-lan/ap/fs-r600dhp/merit/parts/images/img_scene_tittle_none.png

http://buffalo.jp/export/sites/buffalo.jp/product/wireless-lan/ap/fs-r600dhp/merit/parts/images/scene02_main_img.jpg

■商店街
利便性を高め、商店街への来訪を促進。ポップアップで商店街情報も配信、来訪者の回遊を促進。

http://buffalo.jp/export/sites/buffalo.jp/product/wireless-lan/ap/fs-r600dhp/merit/parts/images/img_scene_tittle_none.png

http://buffalo.jp/export/sites/buffalo.jp/product/wireless-lan/ap/fs-r600dhp/merit/parts/images/scene03_main_img.jpg

■観光施設
外国人観光客に無料無線LANを提供。口コミ情報発信により、来訪者が更に増加。

http://buffalo.jp/export/sites/buffalo.jp/product/wireless-lan/ap/fs-r600dhp/merit/parts/images/scene04_main_img.jpg

■駅・空港・港
交通機関の待ち時間に無料無線LANを提供。利用者の満足度向上に貢献。

http://buffalo.jp/export/sites/buffalo.jp/product/wireless-lan/ap/fs-r600dhp/merit/parts/images/scene05_main_img.jpg

■公共施設
住民サービスや災害時の情報インフラとして無料無線LANを整備。市役所、図書館、スポーツ施設などに。

推奨機器

ゲートウェイ機能は、以下にご紹介する機器を組合せてお使いいただけます。

 

ゲートウェイ

法人向けスイッチ

法人向け無線LANアクセスポイント

FS-R600DHP

(PoE対応)
24ポート: BS-GS2024P
16ポート: BS-GS2016P
8ポート: BS-GS2008P

(PoE不要の場合)
48ポート: BS-GS2048
24ポート: BS-GS2024
16ポート: BS-GS2016
8ポート: BS-GS2008

WAPM-2133TR
WAPM-1750D
WAPM-1266WDPR
WAPM-1266R
WAPM-1166D
WAPM-APG600H
WAPM-APG300N 
WAPM-AG300N
WAPS-300WDP
WAPS-APG600H
WAPS-AG300H

 

 ※詳細な設定方法はマニュアルの設定事例を参照ください
※上記以外の型番は動作保証外
※法人向けスイッチ、法人向け無線LANアクセスポイントの機能詳細は、各製品ページをご覧ください

 

■エリア拡張方式の比較

 

ゲートウェイ機能

拡張アシスト機能

FS-R600DHPに接続可能な機種

FS-R600DHP以外 (FS-R600DHPの混在不可)

FS-R600DHPのみ

メール認証

ポップアップ

有害サイトフィルタ

△(同時接続数の目安 : 20台まで)

△(同時接続数の目安 : 20台まで)

アクセスタイムコントロール

△(接続機器に設定が必要)

オーナーSSID

△(接続機器に設定が必要)

プライバシセパレータ

△(接続機器に設定が必要)

↑ ページの先頭へ

ネットワークのセキュリティを確保します
FREESPOTを安全に運用するための各種機能

利用者のプライバシーを守る

利用者のプライバシーを守る

FREESPOTに接続されている無線クライアント同士を見えなくする「プライバシーセパレーター機能」を搭載しています。FREESPOTに接続している他の無線クライアントへの不正なアクセスを防ぎ、無線クライアントの安全と利用者のプライバシーを保護します。

有害サイトへのアクセスを制限

有害サイトへのアクセスを制限

フィッシング詐欺、ウイルス配布、麻薬など事件性のある有害サイトを自動で判別しアクセスできないようにします。

※本機能はFREESPOTオーナー様向けの有料サービスです。購入後、オーナー様で別途お申し込みが必要です。1年間5,000円(税抜)

FREESPOTエリアを手軽に拡大できる拡張アシスト機能

FREESPOTエリアを手軽に拡大できるアシスト機能

店舗・施設を拡張した際、FREESPOTサービスエリアを簡単に拡大できる「拡張アシスト機能」を搭載。本製品を追加購入し、有線LANで接続してブリッジモードに設定すれば、本製品が提供するFREESPOTサービスをさらに広いエリアで利用できるようになります。

※同じ型番の製品同士のみ対応

FREESPOTと業務用ネットワークを分離して安全に利用

FREESPOTと業務用ネットワークを分離して安全に利用

専用モデル独自の「FREESPOTプライバシーセパレーター」機能により、FREESPOT用と業務用のネットワークは、無線LAN/有線LANとも完全に分離されます。業務用のパソコンやネットワーク機器にFREESPOT利用者がアクセスする心配がなく、安全に業務用ネットワークを構築できます。業務用パソコンは認証やフィルタリングの対象にならないため、通常通りネットワークを利用できます。

営業時間に合わせてサービスを提供

営業時間に合わせてサービスを提供

曜日と時間を設定することにより、FREESPOTを自動的にON/OFFする「アクセスタイムコントロール機能」を搭載しています。営業時間のみサービスを提供し、夜間や休日のアクセスを防ぐことで、不正利用や担当不在時のトラブルを防ぐことができます。オーナーは常時利用可能です。

スパムメール防止機能

スパムメール防止機能

受信者の許可を得ないで、一方的にメールを大量に送るスパムメールの送信を防止します。FREESPOTでは、一定時間に一定数を超える多数の宛先にメール送信すると、スパムメールとみなし自動でメール送信をストップします。

自動ファームウェアアップデート機能

自動的にファームウェアのアップデートが行われるため、常にファームウェアが最新のバージョンに保たれ、機器のバグに起因するトラブルの発生を抑えることができます。オーナー様のメンテナンス工数を減らすことができる機能です。

↑ ページの先頭へ

利用者の利便性向上でさらに集客アップ
店舗の集客をサポートする各種機能

フリースポットへの接続時に任意の広告を表示可能

フリースポットへの接続時に任意の広告を表示可能

フリースポット利用者のスマートフォンやパソコンからのアクセスに対して、あらかじめ登録されたURLにリダイレクトさせることが可能です。来店者に、自店の広告ページやクーポンを表示するなどフリースポットを販売促進のツールとして活用することができます。

FREESPOTステッカー付属

FREESPOTステッカー付属

FREESPOTエリアの目印となるエリアサインシール(大20cm ×1、小10cm×2)が付属。店舗の壁やウインドウ、メニューなどに貼って、FREESPOTの設置がPRいただけます。

オプションツール例

FREESPOTオーナー様向けサイトでは、FREESPOTの設置をPRするための様々なツールを用意しています。壁や柱に設置できる短冊ポスター、のぼり、追加の大小ステッカーなどを、用途に合わせてご使用いただけます。

→無料ダウンロードツールはこちら
→有料告知ツールはこちら

↑ ページの先頭へ

その他の特長

RoHS基準値準拠

2006年7月からEU圏で施行された電気・電子機器に対する特定有害物質使用制限指令「RoHS指令」の基準値に準拠しています。

※RoHS基準値についてはこちらをご覧ください。

↑ ページの先頭へ

  • メーカー直営
  • オプション品取扱い
購入する・直販価格を見る


[無料]当店公式スマホアプリ配信中!


スマホアプリから楽々ショッピング。
ダウンロードはこちらから。

■iPhone用アプリはココをクリック(App Storeへ移動します)

■Android用アプリはココをクリック(Google Playへ移動します)

PCの画面でQRコードを表示する場合は、アプリ特集にて表示いただけます。